リラクゼーション

リラクゼーションについて自己流ながら調べてみたのですけど・・・、私がしているアロマのほかにも、フットマッサージやツボ指圧などのリフレクソロジー、ヒーリング、ストーンセラピーとか・・・びっくりするほど種類あったのですね〜。

それほど現代の人ってリラクゼーションを必要にしてるのかな〜・・・と思ってしまいます。
ストレスを何かと感じる世の中ですからね・・・。

ルーシーダットンは一人でも始められるし、とっつきやすいリラクゼーション法の一つじゃないかな。

健康と医療 関連情報

 神谷教授らは、細胞内のカルシウム濃度を調節する「リアノジン受容体」と呼ばれるたんぱく質に注目。このたんぱく質は、脳の中で記憶を作るのに重要な働きをする部分に多いことを見つけた。  記憶は、神経細胞が変化して、信号が伝わりやすくなることでできると考えられており、細胞の変化にはカルシウム濃度がかかわる。神谷教授らは、カフェインでこのたんぱく質を刺激すると、細胞内のカルシウム濃度が通常より上がり、信号が伝わりやすくなることを確かめた。  記憶にかかわる脳の海馬で、アスパラギン酸が神経伝達物質のグルタミン酸とともに存在することなどは知られていた。大学院生の宮地孝明さんらは、細胞内でアスパラギン酸を運ぶたんぱく質を特定し、小胞型興奮性アミノ酸トランスポーター(VEAT)と名づけた。  森山教授は「グルタミン酸だけでは説明が難しい情報伝達の仕組みが、アスパラギン酸の働きを調べることでわかるかも知れない。認知症などの薬の開発につながる可能性もある」と話している