リラクゼーション

リラクゼーションについて自己流ながら調べてみたのですけど・・・、私がしているアロマのほかにも、フットマッサージやツボ指圧などのリフレクソロジー、ヒーリング、ストーンセラピーとか・・・びっくりするほど種類あったのですね〜。

それほど現代の人ってリラクゼーションを必要にしてるのかな〜・・・と思ってしまいます。
ストレスを何かと感じる世の中ですからね・・・。

ルーシーダットンは一人でも始められるし、とっつきやすいリラクゼーション法の一つじゃないかな。

健康と医療 関連情報

アスパラガスに含まれるアミノ酸の一種「アスパラギン酸」が、神経細胞で情報伝達にかかわる仕組みを、岡山大大学院医歯薬学総合研究科の森山芳則教授(生化学)らが突き止め、米科学アカデミー紀要電子版に発表した。この仕組みの異常で、発達障害などが起こる難病になる可能性も示され、記憶・学習の仕組み解明につながりそうだ。  ただ、算定に使った80年代調査は当時の知見から、認知症とされた人はアルツハイマー型や脳卒中後の重症患者に限られていた。その後、診断技術が向上したほか、認知症の原因となる別の病気がみつかり診断基準が明確になっている。これらを考慮すると、今回の推計より患者数は増える可能性がある。  神谷教授らは、細胞内のカルシウム濃度を調節する「リアノジン受容体」と呼ばれるたんぱく質に注目。このたんぱく質は、脳の中で記憶を作るのに重要な働きをする部分に多いことを見つけた。  記憶は、神経細胞が変化して、信号が伝わりやすくなることでできると考えられており、細胞の変化にはカルシウム濃度がかかわる。神谷教授らは、カフェインでこのたんぱく質を刺激すると、細胞内のカルシウム濃度が通常より上がり、信号が伝わりやすくなることを確かめた。